マッチブックの口コミ!特徴・料金について解説

マッチブックの口コミ!特徴・料金について解説

当ページではマッチブックの特徴や料金について口コミを交えながらご紹介していきます。

マッチブックの特徴

  1. リクルートグループが運営していて安心
  2. 20代前半が中心
  3. 人数が少ないからマッチングしやすい

リクルートグループが運営していて安心

マッチブックを運営している会社は株式会社ニジボックスであり、リクルートが100%出資している会社です。リクルートと言えば就活のときにお世話になるリクナビを運営していることで有名ですよね。

恋活アプリを使う時に「悪質な業者とか大丈夫?」ということが気になりますが、運営会社がハッキリしているためサクラは存在しません。他の悪徳業者がユーザーに混ざって勧誘をしていることもありますが、これは他の恋活アプリでも同じですし、マッチブック運営は毎日目視で監視していますので比較的数は少なくなっています。

20代前半が中心

Omiaiペアーズといった有名な恋活アプリは年齢層も幅広く、20代~30代、ペアーズだと40代ぐらいまでが活動しています。

しかし、マッチブックでは20代前半の大学生が中心に活動しています。やはり年齢が近い人同士の方が会話も弾みやすいし長続きもしやすくなりますので、20代前半の方におすすめです。

人数が少ないからマッチングしやすい

マッチブックは2015年に始まり、恋活アプリの中でも比較的遅めのスタートです。まだまだ大手の恋活アプリと比べると利用者も少なくなっています。

しかし、人数が少ないのが逆に狙い目になっており、マッチングも他の恋活アプリよりもしやすくなっています。人数が多ければそれだけ異性の選択肢は増えますが、人気なユーザーほど毎日たくさんの「いいね!」を貰っており、自分にいいね!が返ってこない確率の方が高くなってしまいます。特に見た目が良い男性・女性ほど人気が集中しますので、手が出しづらくなります。

ですが、マッチブックはユーザーが少ないため選択肢自体は少ないですが、ライバルも少なくマッチングしやすくなっています。

マッチブックの料金について

1ヶ月 3980円/月
3ヶ月 3660円/月(一括10980円)
6ヶ月 2996円/月(一括17976円)
12ヶ月 2415円/月(一括28980円)

女性は無料男性は上記の料金で利用することができます。複数月をまとめて契約した方がひと月あたりの料金はやすくなりますが、一括で支払う必要がありますので、その点は注意しておきましょう。

さらに、有料会員にプラスしてプレミアムオプション(月額3980円)を利用することができます。検索機能が充実したり「いいね!」回数が増える、プロフィールが目立ちやすくなる、足あとが無制限に増える(通常会員は直近5名まで)、メッセージの既読マークが表示されるようになるなど、便利な機能がたくさん追加されます。