彼女が欲しいコミュ障男子はトークスキルを磨く

彼女が欲しいコミュ障男子はトークスキルを磨く

会話を大切にする女性と仲良くなるためにはコミュニケーション能力がとても大切です。しかし、最近では自分をコミュ障だと自覚している人が珍しくないように「話すのが苦手」という男性が非常に多いです。

先に結論を言えば、コミュ障男子が彼女を作ることは難しいです。イケメンでもコミュ障だと「一度も彼女ができたことがない」という人が多いです。

それぐらい彼女を作るためには「コミュニケーション能力」が大切ですし、コミュ障を自覚しているのであれば治す努力が必要になります。

トーク力は実戦でしか身に付かない

女性との会話で気を付けるポイントはネットで検索すれば簡単に見つけることができます。しかし、実際の女性と会話回数を増やさない限りコミュニケーション能力を高めることはできません。

会話はスポーツと同じです。理論をいくら学んだとしても練習しなければ上手くなりませんし、会話は『人間対人間』ですので絶対の答えがありません。相手の性格や会話の流れ・状況など様々な条件をもとに最適な返しをする必要があります。

また、「失礼なことは言わない」「悪口は言わない」などは会話の基本ではありますが、仲良くなってくれば毒のある発言が必ずしもNGというわけではありません。度が過ぎた発言はダメですが、波のない会話もつまらないものです。特に付き合いが長くなってくると倦怠期がやってきますので、会話のさじ加減は学んでおく必要があります。

彼女ができると他の女性と会話する機会が減ってしまうので、コミュ障男子は逆に今がチャンスですよ。

たくさんの女性と会話をしておけば、男性にはない女性ならではの話題を知ることができるので、日々の生活でどういったことが話題になりそうか何となく認識できるようになってきます。会話が上手な人ほど自分の興味のないことまで知識を拡げています。

女性との出会いがないときは恋活アプリがおすすめ

実戦でしか身に付かないとは言っても、いきなり女性との出会いを増やすのは難しいですよね。コミュ障なのにバーなどで知らない女性に話しかけるというのも普通の人なら無理だと思います。

そこでおすすめなのが恋活アプリ

アプリ上で女性とメッセージのやり取りができるため、コミュ障男子でも気軽に女性と会話することができます。しかもリアルタイムで話が進むわけではないので、「どうやって返せばいいんだろう?」と自分なりの答えをじっくりと考えることができます。

「顔が見えない」「リアルな知り合いじゃない」というのも話しやすいポイントですね。実際にやってみると分かるのですが、まるでゲームをやっているような感覚なので、ネットや本で学んだトークスキルを実践するのにピッタリです。

上手くいけばそのまま食事へ行ってリアルで会話することもでき、そのまま付き合いに発展することもあります。というか、恋活アプリは恋人を探すことを目的にした人が利用するので、そっちの方が一般的ですね(笑)

出会いがない人でもスマホを一台で今すぐ女性との会話を始められますので、コミュ障の人は彼女を作るための第1ステップとして挑戦してみましょう。

おすすめ恋活アプリはこちら