恋活アプリに顔写真は必要?

恋活アプリに顔写真は必要?

初めて恋活アプリを利用する人の中には顔写真に抵抗を感じる方もいるかと思います。今でこそSNSで自分の顔写真をプロフィールに使っている人も増えてきましたか、少し前までは「ネットで顔をさらすと犯罪に巻き込まれる」という話もあったぐらいですからね。恋活アプリで顔写真を使うのに抵抗がある人がいるのも不思議ではありません。

顔写真がある方がマッチング率は圧倒的に高い

恋活アプリでは相手に「いいね!」を送り、無事に相手から「いいね!」が返ってきてメッセージのやり取りが始まることを『マッチング』と言いますが、このマッチングができる確率(マッチング率)を上げるために顔写真を使うのはかなり有効です。

特に女性の場合は顔写真だけで何倍もマッチング率をアップすることができます。女性は男性のプロフィールをじっくり見て相手を選ぶ傾向が強いのですが、男性は顔写真で9割方決めてしまう傾向にあります。

『9割』を大げさに感じるかもしれませんし、男性の中には「俺は違う」と思う方もいるかもしれませんが、恋活アプリを使っている男性のほとんどが顔写真で選んでいるのが事実です。

そのため、女性はなるべく顔写真を使った方がマッチングもしやすくなり、より短期間で異性をゲットすることができます。

顔写真はハッキリ写っていないものでもOK

ただ、実際に恋活アプリを使ってみると分かるのですが、ハッキリと写っている顔写真を掲載している人は意外と少ないです。『横顔』『鼻や口を隠す』『SNOWを使った自撮り』『少し遠目でスポーツしている写真』など、ハッキリとは分からないけど大まかな雰囲気はつかめる顔写真を使っている人が多く、見る側からしても多少の安心感を持てるので「いいね!」を貰いやすくなります。

ただし、加工し過ぎた写真は敬遠されることが多いです。たとえばプリクラですね。プリクラの修正機能は度が過ぎている場合が多く、多くの人がそのことについて知っているため「どうせ実際の顔と違うんだろ」と思われ、いいね!が貰いにくくなる傾向にあります。

顔に自信がないと、つい良く撮れた顔写真を使いたくなりますが、あまりにも実際の顔とかけ離れてしまうと実際に出会った後に連絡が来なくなる、ということもあります。ゴールはデートをすることではなく付き合うことなので、下降するよりも隠してゴマかした顔写真を使うようにしましょう。

おすすめ恋活アプリ