恋活アプリでいいね!がもらえる顔写真のコツ

恋活アプリでいいね!がもらえる顔写真のコツ

無事に恋活アプリへの登録が終わったら『顔写真の設定』をします。プロフィールの中でも顔写真はとても大切。男性は女性の写真を見て判断する人が9割なので、女性は特に力を入れて顔写真を設定しましょう。

「恋活アプリやってるけど、全然いいね!がもらえない」という人も、ちょっとコツを抑えるだけで毎日のようにいいね!がもらえるのでチェックしてみましょう。

こんな顔写真は異性から嫌われる!

異性と楽しそうに写っている

異性と楽しそうに写っている写真は敬遠されがち。男性が女性と一緒に写っていれば「遊んでそう…」と思われますし、その逆も同じです。

男女ともに友人が多いことは素晴らしいことですが、恋愛においては「もしかしたら…」と疑いの目で見られますので、たとえ異性の友人が多くても顔写真では写っていない物を選びましょう。

遠い位置から撮っている(顔が小さすぎて判断できない)

アプリ上に自分の顔を載せるのに抵抗がある人も多いかもしれません。しかし、顔が判断できなければどんな人かもわからないので、恋活アプリにおいては不利になります。

横顔、眼鏡をかける、といったような工夫をすれば素顔を100%さらすことなく最低限の情報を相手に与えられるのでおすすめ。遠い位置から撮るよりもいいね!をもらえやすいです。

顔を隠す・加工した写真

口元を手で隠したり、SNOWで顔を加工している写真もNG。特に女性がやってしまいがちですが、男性から見ると判断しづらいのでスルーされてしまいます。

動物の写真

自分の顔写真ではなく動物だけの写真に設定するのもNG。SNSでは普通のことですが、恋活アプリにおいてはスルーされます。見ている側の気持ちになれば、顔が分からない人にはいいね!を送りませんよね。特に女性がやってしまいがちなミスなので注意してください。

一方、動物と一緒に写った写真はかなり有効です。男女ともに優しい印象を相手に与えることができますし、女性はかわいらしさが倍になってアピールできるので、男性からの反応もかなりよくなりますよ。

犬やネコなど、メジャーなペットほど多くの人から反応が貰えます。逆にあえて爬虫類などにして、同じ趣味の人に絞り込むというのも一つの作戦です。マッチングしても気が合わなければ交際にいたりませんから、一番最初の段階でふるいにかけることで、マッチングから交際までがスムーズにいくこともあります。

子供と写っている写真

子供と映っている写真は既婚者(または子持ち)と間違われることが多いです。もちろんシングルマザー(シングルファザー)の方で、あえて子供と一緒に写って「子供がいてもOK」な相手に絞り込むのもいいですが、子どもがいないのであれば注意しましょう。

特に男性は写真しか見ていないので女性は注意です。

こんな写真は異性から高評価!

お酒を持っている写真

女性にかなり有効なのがコレ。男性から見ると、お酒が一緒に写っているだけで食事に誘いやすかったり、なんとなく親近感を持って接しやすいというものがあります。さらに、深いところで「酔った勢いでもしかしたら…」というような下心が動く(実際に行動に移すかは別として)ので、いいね!はかなりもらいやすくなります。

ただし、高そうなワインなど高級感を出してしまうと親しみやすさは減ってしまうので、「庶民的」をポイントに選んでいきましょう。

異性に引かれない!恋活アプリのプロフィール作りのコツ

2017.05.29