性格や見た目だけじゃない!恋活がうまくいかない理由

性格や見た目だけじゃない!恋活がうまくいかない理由

「恋活を頑張っているけど、なかなかうまくいかない」という人も多いかと思います。ネットで調べると「○○な人は異性から嫌われる」「あなたの恋愛がうまくいないのは○○なせい!」という記事に一喜一憂してしまったりするかもしれませんが、実はあなたの内面や外見、行動以外にも恋愛がうまくいかない理由が隠れていることも多いです。

そもそも恋活はうまくいかないもの

「恋活」といっても合コンや友達からの紹介、街コン、恋活アプリなどたくさんの出会いの手段があります。しかし、どの方法でも基本的には恋活とはうまくいかないものです。

周りの人やネット上では恋活に成功した人ばかりの意見が目立ちますが、上手くいっていない人は目立つようにアピールしていないだけなので、実際には1人成功していればその裏に何十人もうまくいっていない人がいると考えるのが妥当です。

あなたの恋活がうまくいかないのも、決してあなたに大きな問題があるわけではありません。

特に街コンや恋活アプリ、結婚相談所など出会いを探している人たちが集まる場では、うまくいかないことの方が多い傾向にあります。理由としては

  1. 相手の内面を知る時間が少ない
  2. 年収や趣味など左脳的な部分で判断をしてしまう

という2つが挙げられます。

1.相手の内面を知る時間が少ない

街コンなんかは時間が決まっており、人数の多いイベントだと「1人の相手と5分の会話しかできない」ということもあります。このような状況だと相手の内面を判断しづらく、よっぽどのコミュニケーション能力や外見・ステータスを持っていなければ、まず成功することはありません。

恋活アプリでも、事前にメッセージのやり取りで相手の内面を知ることができますが、やはり1度目の食事だけで相手のことを判断してしまう人が多く、こちらが頑張ろうと思っても相手からの返信がないこともあります。

2.年収や趣味など左脳的な部分で判断をしてしまう

相手の内面を知る時間が少なければ、必然的に年収や趣味、年齢などデータ的な部分(左脳的な部分)で判断するようになります。結婚を前提に考えるのであればこれらも大事なことではありますが、一番大切なフィーリング的な部分(右脳的な部分)で判断できないため、付き合ったとしても「あれ?なんか合わないな…」となって長続きしないこともあります。

なので、「絶対に恋人作るぞ!」と意気込むよりかは、友達を作る様な感覚で気負わずに接した方が意外とうまくいくことが多いです。

万が一友達関係で終わったとしても、気の合う友人として長く付き合っていけますし、その人の紹介で恋人ができる可能性もあります。

恋活が上手くいっている人は多く出会っている

恋活がうまくいっていない人の中で「そもそも出会いが少ない」という人もいます。「街コンや恋活アプリで10人ぐらいといい感じになったけど恋人にならなかった」このレベルでも、正直全然少ない方です。

これが自然の恋愛(学校や職場で出会った、友人の紹介で知り合った、共通の趣味でたまたま知り合ったなど)だと2~3人で恋人にまで発展することもありますが、出会いを探して集まる場では50人・100人の人と出会うのも珍しくありません。

もちろん全員の方と毎日のようにLINEをする、なんとことはありませんが、それでも「1対1の食事に30人ぐらいいったけどうまくいきそうなのは2~3人ぐらい」ということは十分にあります。上記でも紹介したように、左脳的な部分で判断する人が多く、ちょっと自分が「違うな~」と感じる部分が見えただけで冷めてしまうので、なかなか恋人になりづらいわけです。

もし恋活がうまくいっていない人で、数人の相手とのやり取りがうまくいかなかったことを気にしているのであれば、あまり落ち込む必要はありません。多くの人が経験している”当然のこと”ですからね。

「出会いの数はまだ足りてなかったかも」という場合は、まずたくさんの人と出会うことを考えていきましょう。最近では恋活アプリを使って、スマホで気軽に異性とメッセージのやり取りもできるので、忙しい人や街コンに簡単に参加できない人も、確実に出会いを増やすことができますよ。

出会いの数に比例して恋活成功率も上げられるので、あまり気にすることなくどんどんチャレンジしていきましょう。

おすすめの恋活アプリ