恋活と婚活の違いって何?

恋活と婚活の違いって何?

昔は『婚活』だけが有名でしたが、最近では『恋活』も有名になってきて「何が違うの?」と疑問に思われる方も多いかと思います。最近では提供する業者側も明確な違いを付けずに提供していることも多いため分からなくなるのも仕方がありませんが、利用者側の目的は明確に違いますので、間違って使うと思った感じに異性と出会えなくなるので注意しましょう。

婚活は結婚前提に恋人を探す

婚活と恋活の一番の違いは『結婚前提に恋人を探しているか?』ということ。もちろん、恋活でも「いつかは結婚したい」という方がほとんどかと思いますが、婚活と比べると緊急性は低いかと思います。

婚活をしている方は「できることならすぐにでも結婚したい」という場合がほとんどですので、年齢層も20代後半~40代となっています。

一方、恋活は「職場に出会いがないから」「最近彼氏・彼女と別れたから」といった理由で始める人が多く、年齢層も20代前半~30代となっています。結婚に対しても「今すぐ!」というわけではなく、純粋に彼氏・彼女としてお付き合いをしたい方が多くなります。

このように結婚に対しての意識が違うため、もし恋人を探しているだけなのに婚活パーティーや街コンに参加してしまうと「なんでいるんですか?」ということになってしまいます。特に20代前半男性の学生や新社会人だと結婚に経済力がないため、全く相手にされず時間だけがムダになってしまいます。

女性だと「若い」ということが有利になり、婚活の場面ではかなり有利ですが、やはり結婚する気がないのであれば参加しない方がいいでしょう。

恋活はアプリを使うのが基本

婚活だと婚活パーティーや街コン、お見合い、結婚相談所、マッチングサイト(婚活サイト)など、たくさんの方法がありますが、恋活の場合は恋活アプリを使うのが基本です。マッチングサイトのような感じで、スマホやパソコンでアプリ感覚で使うことができます。

Omiaiペアーズが有名であり、Facebookを使って登録する必要があるというのが特徴ですね。

恋活アプリは「ネット上だけでやり取りを行い、気が合った相手とだけ実際に出会う」という方法ですので、業者が入り込まないようにしなければいけません。そのため、各恋活アプリ運営はFacebookでの登録を必須としており、中には「10に以上の友達がいるアカウントしか認めません」としている恋活アプリもあります。

Facebookをやっていない人にとっては少しハードルが高くなりますが、普段の職場や学校で異性との出会いがない人でも効率よく異性と知り合え、しかも相手も恋人を探すつもりで使っているため、出会ってから恋人に発展する確率が高いのが魅力です。

最近では女性雑誌にも普通に特集されており、ネット上で恋人を探すことも一般的になりつつありますので、意外と自宅近くでも異性を見つけることができますよ。

おすすめの恋活アプリ