恋活アプリのサクラの見分け方

恋活アプリのサクラの見分け方

サクラとは、一般ユーザーのフリをして詐欺サイトへ誘導したり、出会ったときにネットワークビジネスに勧誘するような業者のこと。初めて恋活アプリを使い人のなかには「サクラばっかりで出会えないんじゃないの?」と不安に感じる方も多いかと思います。

しかし、実際に使ってみると分かりますが、恋活アプリで出会うことはそれほど難しくありませんし、サクラの存在も思ったほどありません。

ただ、いくつかのポイントを満すことが条件ですので、このページでは恋活アプリのサクラの見分け方をご紹介したいと思います。

無料の恋活アプリはサクラばかり

恋活アプリには「有料」「無料」の2種類があります。有料の恋活アプリも登録自体は無料で、異性のプロフィール&顔写真の確認や「いいね!」を送ることはできますが、メッセージのやり取りは有料会員にならなければできません。

一方、無料の恋活アプリは登録だけではなくメッセージのやり取りまで全て無料で利用することができます。

「それなら安く使える無料恋活アプリの方がいいじゃん!」と思われるかもしれませんが、無料アプリはサクラも利用しやすいため、ほとんどサクラだけでできていると言っても過言ではありません。実際に登録してみると、男性でも顔写真の可愛い女性からバンバン「いいね!」が送られてきますが、プロフィールを見た感じほぼ間違いなくサクラでした。

しかし、有料の恋活アプリなら、まともに活動するためにはお金が必要となるため、業者からするとコスパが悪く、ほとんど存在しなくなります。もちろん完璧にいないとは言い切れませんが、それでも100人出会って1人いるかどうかぐらいの割合にまで減ります。

ですので、これから恋活アプリを使う方は有料の恋活アプリを使うことをおすすめします。

女性だけ無料の恋活アプリは男性だけ注意

恋活アプリの中には『女性は完全無料、男性は月額○○○○円』というものあります。有名なところだと、登録者数が業界最多水準のペアーズがありますね。

このパターンの恋活アプリは男性だけサクラに注意しておきましょう。女性側が無料なので、女性ユーザーにまぎれたサクラがいます。すぐに会いたがったり、最初のメッセージで「○○っていうアプリで連絡取ろう」などを送ってくる女性は100%のサクラです。

女性の場合は自分が無料でも男性側が有料ですので、特に心配する必要はありません。

別のアプリへ誘導する人には注意

恋活アプリでメッセージをやり取りをするためには有料会員になったり、ポイントを購入してやり取りをするのが基本です。そこで、サクラは「ここだとお金がかかるし○○っていうアプリで連絡しよう」と誘ってきます。たしかに仲良くなってからLINEの交換をすることはありますが、すぐに別の連絡手段に切り替えようとする人は間違いなくサクラなので注意してください。

また、LINEを交換した後に数通やり取りをして別のアプリやサービスに連絡手段を切り替えようとする人にも注意。「携帯が壊れた」「私のこともっと知ってもらいたいからブログ見て~ ○○.comっていうやつだから~」など様々な理由を付けて別サービスへ誘導しようとしてきますが、ほとんどの場合がサクラ。

出会った時に「今度知人に紹介したい」と言ってくる

サクラの勧誘はネット上だけではなく、実際に会った時にも行われます。初めて話すのに「今度お世話になった人に会ってもらいたい」という人に会った場合はほぼ間違いなくサクラです。特に女性が男性に会った時にこのパターンが多いですので、女性の方は注意しておきましょう。

女性の場合はネット上では警戒して行動する人が多いため、サクラも表立った活動は行っていないため、現実で出会った時に勧誘があるわけですね。男性の場合は、女性の顔写真をメインに判断してしまうことが多いため、ネット上の勧誘にも引っかかってしまうことが多いため、可愛い子からのメッセージには注意しましょう。

おすすめの恋活アプリ